代表者挨拶​

中神 康議
代表取締役社長

私は、大学卒業直後から経営コンサルティングの世界に入り、クライアント企業の経営進化を応援してきました。

そこで経験したことは、企業の経営者と外部のコンサルタントがスクラムを組んで良い仕事ができた場合、企業は大きく変わり、企業価値は大きく向上し、株価もまた大きく上昇するということ。

(高額のコンサルティングフィーをいただくという形ではなく、素晴らしい企業・改革意欲溢れる経営者に投資させていただき、知恵を出し合い、経営を進化させ、その果実を投資家にお返しするようなファンドが創れないものか…)

そのような想いをもとに2005年に投資運用業界に身を転じ、当時、経営への対決姿勢を強めていた「モノ言う株主」へのアンチテーゼとして、『働く株主®』をコンセプトに投資顧問会社を設立し、経営応援型投資を実行しておりましたが、その有効性は極めて大きいことを実感しています。

企業経営の進化は常に「市場との相互啓発」にあるのではないでしょうか。 我が国企業は、『製品・サービス市場』では世界一厳しいと言われる顧客の要望に応え、世界に冠たる競争力を創りあげてきました。 日本の企業経営にとって、『労働市場』は独特の位置を占め、世界に誇るべき健全な労使関係を築いてきたと思います。

一方、『資本市場』と企業経営の関係性はどうでしょう? 責任ある長期投資家として、企業経営と資本市場の健全な対話・相互学習を進めたい。 『働く株主®』として、企業経営に最も近い投資家でありたい。 経営の論理と資本の論理の統合・昇華こそが、日本の企業経営にとって大きなフロンティアなのではないか。

そんな想いを持って、日々の活動を行っています。